2006年10月24日

弟よ

弟が市の教職員採用試験に合格した。
二年ほど前に会社を辞め、バイトをしながら学校に通い、ボランティア活動なんかも積極的に行う弟は、兄から見ていてもついつい応援したくなる。
といったところで何が出来るわけでもないのだが……

この秋に教育実習を行って、来春からは小学校の先生になる。

今はまだ、黒板の前に立つ弟の姿を、正直なところ想像が出来ない。
朝礼台の上に立って、新任の先生だって紹介されたりもするんだろうけど、そういう姿もまだまだ想像が出来ない。
ただ、フットサルでブラジルにまで留学した経験を持つ弟が、小学生にサッカーを教えてる姿だけは、どこかくっきりと想像できる。

何かと騒がしい教育現場の中で、先生が先生であることも難しい時代なんだろうと思う。教室だって立派な社会の縮図。30人の生徒がいれば、30通りの家族の形が透けて見えてもくるんだろう。
先生って、「大変なんだろうなぁ」としか言いようがない。
だからどうか、どうか弟よ!
誰かの記憶に残る、そんな先生に、どうかなっていってください。
陰ながら応援しています。


【関連する記事】
posted by kouta at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『けんたsan』に『おめでとうございます』を お伝え下さい♪『記憶』に残る先生って 素敵だと思います…
Posted by 神永 at 2006年10月25日 01:18
そんな素晴らしい経験をしてきた人は良い先生になるはずだよ。

僕も陰ながら応援しています!!
Posted by りゅうたろう at 2006年10月25日 12:37
学校の先生て、今の世の中大変なんだろうな。

いじめ問題など・・・

子供たちの意見を公平に聞きいれてあげる先生に
なって下さいね。
Posted by ねこ at 2006年10月25日 14:21
> 神永 さま
ありがとうございます。伝えます!

> りゅうたりう さま
応援してやってください! 来月実習だそうです。

> ねこ さま
初コメント、どうもありがとうございました!
本当、ますます大変になることと思いますが、だからこそ頑張ってほしいです。。。
Posted by kouta at 2006年10月29日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。