2006年12月27日

歳末

200612271658000.jpg

歳末なんだなぁと思う。

朝方、駅のホームで睨み合うサラリーマンを見た。
靴を踏んだとか踏まないとか、今にもホームに突き飛ばしそうな勢いで。
あの朝の喧噪だけは、どうしても馴染めない。気の毒にもなる。

昼食時、しばらく会っていない友人からメールが届く。
そういえば一昨日も。その友人は今、成田で飛行機の整備をしているらしい。
懐かしい便りは、何故だかほっとする。有り難い。

夕暮れ時、警棒を携えた警官がパトロールしていた。
何も怪しい物は持ってないが、一緒に信号待ちの間は落ち着かなかった。
夜の散歩は早めに切り上げる。決してやましいわけではなく。

昨日は部屋の片付けをして、今日は髪を切りに行った。
昨日は嵐で、今日は晴天。
風はかなり強く吹いて、空は高く、いつもの高架からは富士山が見えた。

今日もまた、小さな記憶を刻んでおこう。。。
【関連する記事】
posted by kouta at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか、文を読んでいると、その様子が想像できるような感じになりました。
最近なんだか、心がギスギスしていて、目がつり上がり性格が悪くなっているような気がしていたのが、なんだかほんの少しほぐれたように思います(*^^*)
ありがとうございます!

今年も残り少なくなってきましたね!
このギスギスを和らげて、新しい年を迎えたいです。
Posted by たれめ at 2006年12月28日 02:43
いつもの淡いスケッチにまで、忙しない街の様子が滲んでいて、早くしーんと静かなお正月を迎えたいなあとしみじみ思いました。今年一年、おつかれさま。来年も、立ち止まったり振り返ったり空を見上げたりしながら、ゆっくり足を進めましょう :)
Posted by まえかわ at 2006年12月29日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。