2006年07月12日

月光

IMG_0766.JPG

昨晩は満月ではなかったか? それとも今夜か?
どちらにしても月光の鮮やかな夜だった。。。

数年前、鬼束ちひろさんの「月光」をよく聴いていた。
「こんなもののために生まれたんじゃない」と、腐敗した世界に叫びたかった頃だ。効かない薬の代わりに、この曲を聴きながら暗い夜道をよく歩いた。

彼女は今、どうしているんだろう?
才能ある人だから、ビジネスとしての音楽に疲れたとしても、よくある「流星群」にはなって欲しくない。無理にTVになんか出なくっていいから、どこかでまたその歌声を聴かせてほしい。。。

posted by kouta at 15:01| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

箒星

Mr.ChildrenのNewシングル「箒星」を買う。
近頃のミスチルのシングルには、もれなくDVD特典がついているのだが、今回は15分のショートムービーが入っていた。
前回「くるみ」という曲のPVが出色の出来で、なかなか面白い試みだなぁと思ったし、すっかり見入ってしまった。
今回の監督も丹下さんといって同じ人らしいのだが、いずれ岩井俊二さんみたく映画の世界でも活躍してくれそうな感じがするし、やっぱり音楽業界で独自の映像世界を表現し続けるのかと、どちらにしても今後に注目している人です(確かJamFilmでは短編一本撮っている)。
桜井さんの詩の世界も興味深いけれど、小林武史率いるMr.Children全体のプロジェクトみたいなものは、どんどんリスナーの裾野を広げている様子で、映像界全体としても学ぶべき要素は多々あると思う。
LIVE DVDにしても然り。こちらもまたまた丹下さん監督のもとに製作されているんだけれど、構成含めて楽しめる内容になっているし、買って損はないと素直に思えた。
商業的に成功していることの凄さと、その内容そのものも裏切らないでいるってことに、いつもいつも驚かされる。
今回だってドラマタイアップなどもないのだが、きっちりチャート1位を獲得するだろうし、今後もマイペースに、独自路線を突き進んで行ってくれるのでしょう。。。
BankBandなる活動を含め、常に注目していきたいと思ってます。。。

posted by kouta at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ONE

NEWS23にアンジェラ・アキさんが出演していた。
ピアノの弾き語りというスタイルはシンプルでとても好きです。
好きだけど、CDセールス的には難しいスタイルなんでしょうね。
これだけの人が今日までアルバムを出せなかったわけだから……

ずーーっとCDを出すことを目標にし、念願叶ってのアルバム発売。
「(歌うことを)諦められなかったのではなく、しがみついてきた」
そんな彼女の声は聡明で、潔くて、力強い。
英語で、日本語で、ピアノで、語りかけてくる言葉は懐かしい……

「ONE」というアルバムは既にダウンロード済み。
この時期「Rain」という曲はお勧めです。
新作「HOME」は話題になるんでしょうね。早く聴いてみたいです。

それにしてもアルゼンチンにオランダ、、、強いですね。
こんなにゴールシーンの多い大会も珍しいのでは? 
ドログバのゴールを見たら寝ようと思いつつ……後半突入しそうですふらふら
posted by kouta at 01:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

Cold play

1ページ目の最初の行から 
君の最終目的地の果てまで
始めから自分らしいやり方で
人が求めているのはただ 自分の言葉に耳を傾けてくれる誰かなんだ
それが誰であろうと関係なしに それが誰であろうと関係なしに
        「SQUARE ONE」   By Cold play

Cold playの「Yellow」という曲をCDショップで聴いて、思わず買ったのが出会い。
今やU2みたいに世界的なバンドになりつつあるけれど、ブリティッシュ系のバンドなんで息も長く活動してくれそう。
今日もこのCold playを聴きながら、車を運転してサウナに行ってきました。
だから今は眠い。しかしワールドカップ……
1ページ目の最初の行から、、、見たい!

  
posted by kouta at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

SO GOOD

マイカーにFMトランスミッターを装着した。ようやく……
これでiPodに取り込んだ音楽を聴きながら運転出来る。
そんなに頻繁に運転するわけじゃないんで、今まで尻込みしていたのだが、やっぱり爽快だった。
今日のBGMはSOPHIE ZELMANI(スウェーデン出身)
彼女の楽曲は何故かしら「海」を連想させる。
風を楽しめるこの時期にはお勧めのアーティストです。。。
20代の前半頃よく聴いていたんだけど、最近はどうしてるんだろう?
爽やかな音に相対する、彼女の内向的な詩の世界も好きでした。。。

早いものでHPを開設して5ヶ月が経ちました。
総アクセス数も9万件近くなり、ブログへの訪問数も次第に増えてきて嬉しく思っています。「カログ!」もまぁぼちぼちと……
SO GOODな一ヶ月に感謝しつつ、、、
来月もどうぞよろしくお願いします。。。   草野康太
posted by kouta at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

音楽が音学だったら、、、

先週、近所のレンタルVIDEO屋が100円レンタルセールをやっていた。
旧作だけじゃなく、新作まで。。。太っ腹!
なので何枚か新作CDを借りて聴いてみたんだけど、、、
気付くと同じCDばかり聴いていました。

一枚はPizzicato Fiveの新作「I Love You」
小西康陽さん自身が選曲のBest版。(綺羅光さん繋がりです)
「連載小説」「悲しい歌」「子供たちの子供たちの子供たちへ」「東京は夜の七時」ーー
連作短編小説集を読むような、言葉と音を楽しめる一枚です。

もう一枚は玉置浩二さんの新作「PREZENT」
子供の頃、生まれて初めて見たコンサートが安全時代だったせいなのか、
玉置浩二さんの声はいつも郷愁が漂っていて、とても心が和まされる。
松井五郎さんの詞の世界も、夜風に馴染んで心地よい。淫靡な気分にもなる。そして……いつもの如く酒が進む?
なんか次第に童謡化されているような、演歌化されているような、神話化されているような……
でも今まさに、もう一度、生で聴いてみたい素晴らしい歌声です。

病院へ向かう道すがらにPizzicato Fiveを聴いて、
帰り道には玉置浩二さん。。。 他の曲も聴いていましたが、
この二枚には、GW中、本当にお世話になりました。。。

いつも思うんだけど、もし「音楽」が「音学」だったら、
こんなに多くのリスナーは獲得していなかったんじゃないだろうか?
「文学」も「文楽」だったら、もっといろんな人が、いろんな場所で、本を楽しんでくれたりははしないだろうか? 
文を学ぶなんて仰々しく書くから、敬遠されてるってことないだろうか?

映画も含めて、批評や批判は大嫌いです。
そんなことを語るぐらいなら、見なきゃいいし、読まなきゃいい。って言ったら大袈裟か?
でも、好きなものに囲まれて暮らしたい自分としては、
辿る道に合わせて好きな音楽を選ぶように、なるべく好きなものについてだけ、今後もこちらで語っていきたいと思っています。

詳しくはないんです。音楽も、映画も、小説も。
ただ単純に、好きなだけなんですよ。
今の自分には、必要なだけなんです。
たぶん、きっと、これからも。。。


posted by kouta at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

the Corrs

アイルランドの美人姉妹プラスお兄ちゃん。
四人組のバンドなんだけど、以前から好きでした。
先日、DVDで「unplugged」を鑑賞。
CDは前から持ってたんだけど、歌っている姿がまた良くて、
美人姉妹を支えるお兄ちゃんも格好良い。
出来れば変わってあげたいが、楽器が弾けないので断念……
来世に期待します。。。
アイルランドは昔からなんとなく気になる国。
ダブリンとか、妙に行ってみたくなる街で、たぶん絶対何かあると思っている。
ダブリンを舞台にした映画「ザ・コミットメンツ」でももう一回見てみようか?
この映画のサントラ版も超お勧め! ノリノリで運転できると思います。
昨日はケン・ローチ監督の「やさしくキスをして」を鑑賞。
この映画の舞台はスコットランドのグラスゴーだった。
ケン・ローチの最高傑作「ケス」は確かマンチェスターが舞台だったような……どちらにしてもイングランドの田舎町の話し。
イングランドにスコットランドにアイルランド。。。
行きたいなら、行っちゃえばいいんだよな。一回くらい。。。
と、思いを馳せつつ、今夜はウイスキーか? まだ早いな。。。 


posted by kouta at 21:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。