2006年09月20日

日向の秋

200609201235000.jpg

朝から雲切れひとつない青空が広がっていた。
空気が澄んでいるのか、やけに遠くの音が聞こえるようにもなった。

日向で眠るのがようやく心地よい季節になったのだと、
惰眠を貪る愛犬を見て、今日もまた小さい秋を発見する。。。

【関連する記事】
posted by kouta at 12:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

落葉の日

200609171251001.jpg

小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた〜

と歌ってる場合じゃない今日この頃。
いや、だからこそ歌うんだ。。。

posted by kouta at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

敬老の日

IMG_1027.JPG

足を骨折した祖父(母方の)を見舞いに行ったのは先週のこと。
二ヶ月の入院生活を終え、住み慣れた家へと戻った祖父なのだが、足以外はすこぶる元気。
日課の散歩、それに畑仕事、ままならないストレスもあると思うのだが、あまり無理はせず気長に療養して欲しい。。。

今度行くときはちゃんと顔の写った写真持って行きますので。。。




posted by kouta at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

逡巡の秋

200609171226000.jpg

このまま降りるべきか?
それとも引き返すべきか?
この体勢のまま、しばらく逡巡する猫がいた。。。
posted by kouta at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

告知の秋

200608102029000.jpg

お知らせです。。。

映画「愛妻日記ーソースの小壜ー」の劇場公開が決まったようです。

東京・渋谷のユーロスペースにて、来週23日より「愛妻日記」シリーズは各二話ずつレイト公開の予定。
僕が出演している「ソースの小壜」は10月7日(土)から一週間の上映予定です。
詳しくは劇場のHPを参考にしてください。また変更等あればこちらからもご報告します!
ユーロスペース→ http://www.eurospace.co.jp

このユーロスペース。どうやら移転してしまったようなのだが、高校時代によく通った思い出の劇場。
レオス・カラックスの「ボーイ・ミーツ・ガール」や「汚れた血」なんかを学校さぼってよく観に行っていた。邦画もかなり観させてもらった。
移転しても相変わらず個性的なラインナップを揃えてるみたいで、自分も観に行けるのを楽しみにしています。。。

あと告知ついでにもうひとつ。。。

明日、新横浜の横浜アリーナにてフリーマーケット開催してます。
弟と弟の友人が参加予定。諸事情により、僕は参加できないんですが、、、
かなり大々的なフリマなんで、お近くの方、良かったら行ってみてください。。。
(このブログ、実はご近所さんもよく覗いてくれているようなので。。。)

ではでは。おやすみなさい。。。
posted by kouta at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

旅人の秋

200609151706000.jpg

DVDで「アメリカ、家族のいる風景」を鑑賞。
主演・脚本はサム・シェパード。監督はヴィム・ヴェンダ−ス。

かれこれ10回近くは見返しているだろう、
大好きな映画「パリ・テキサス」の最強タッグがまたまた映画を作ってしまった。しかも、というよりはまたしても、寂寥感たっぷりのロードムービーに仕上がっている。
それにしても、どうして映画館で観なかったんだろう? 銀座が遠く感じられた? それとも何か撮影してたか?
ちょっと足を伸ばして銀座に行けば、そこにアメリカの大地が、家族のいる風景が広がっていたというのに。(実はちゃんと劇場にも行ったんだけど終わっていた…たらーっ(汗)

「まわり道」「さすらい」「アメリカの友人」「パリ・テキサス」……
荷物は軽く、主人公たちはただ歩く。ただただ歩いて恋をして、痛みを知って、また旅立つ。
「人生はロードムービー。」 By サム&ヴィム(言ったかどうかは知らないが…)
posted by kouta at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

祭りの秋

200609122042000.jpg

この時期に開かれる地元の祭り。
何故だか毎年のように雨に見舞われるので「あぁ今年も週末は雨なのかぁ…」と、天気を予測する目安にもなる。
以前はてっきり雨に祟られてる祭りだと思っていたけれど、もしかしたら雨を祈願する為の祭りなのかもしれない。。。
いずれにしても、今年の連休も天気はあまり良くないことでしょう。。。
雨なら雨なりの連休の過ごし方を今から考えておいては???
posted by kouta at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

復活の秋

200609132201001.jpg

こちらはまた、復活の秋になりそうな予感。
松井秀喜。復帰試合での4安打! このままワールドシリーズまで突っ走ってほしい。
今年のスポーツシーン。何か足りないと思っていたらこれだったのかと今日気がついた。
今回の怪我も、これからの松井には必ず味方するんじゃないかと密かに期待している。
ハンカチ王子と対面したときのあの存在感、、、
とても31歳(松井は32歳?)、自分と同級生とは思えない。。。

そして欧州サッカー。こちらはもう既に何かが足りない。
言わずもがな、中田英寿の不在。。。今頃どこで、何をしているのか?
posted by kouta at 22:24| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

読んだ後の話

200609082350000.jpg

読書の秋に突入しそうな気配。
本は確かに好きだけれど、貪るように読むときと、まったく読まない時との差が激しい。
映画も同じで、観るときは観るし、観ないときは観ない。要するに、あまり無理はしないようになった。
無理をして読んだり観たりしても、驚くほど自分の中に収まっていかない。

作家は違う、ジャンルも違う。違うんだけれど、今の自分の興味の方向性はここだって思うものを、次から次へと読み進めている感じ。
たとえばある事件のルポを読んだら、その事件を題材にした小説も読んでみたくなる。
小説の中で医療のことが書かれていたら、今度は小説ではなく医師が書いたエッセイなども読んでみたくなる。。。

今夜も涼しそうな感じなので、愛犬の鼾でも聞きながら、どっぷり本の世界に浸ろうかと思います。
読んだ後の話はまたいずれ。。。
posted by kouta at 22:42| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ありえない話

200609091256000.jpg

今朝方の雷鳴は凄まじかった。
年々、その音が大きく、激しくなっているように聞こえるのは自分だけだろうか?
稲光があっての数秒後、地上に怒りや怨念をぶつけてるとしか思えないほどの、かなり激しい音をさせる。
空を割ると言うよりは、地上に何かを打ち付けているような感じ。
震えながらしがみついてくる愛犬ではないが、その音を聞きながら横たわっていると、自分とて少々怖くなってくる。

超高層ビルから落下する人間が、コンクリートの地面に叩きつけられる音も、確か同じような音がしたことを思い出す。

ありえないと思いながら、NEWSに見入ったあの日から、もう既に五年。
雷鳴が、今日という一日を思い出させてくれた。。。

posted by kouta at 17:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

囓った後の話

IMG_0965.JPG

囓った後は、引っ張って、決まってこうなる。。。
今回はアイスの棒ではなく、団子の棒。。。

200609072009001.jpg exclamation 200609072009000.jpg exclamation&question

IMG_0963.JPG

毎度お騒がせな愛犬の話でした。。。



posted by kouta at 21:09| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

あてどない話

200609051736000.jpg

まるで点のようにしか映らないかもしれないが、あの小さなオレンジこそが太陽だ。

携帯で写真を撮る僕の横で、腕時計を外して何やらブツブツ呟いている老人がいた。
その腕時計で何を計っているのか? 尋ねることはせず、もう何枚か写真を撮った。
ふと目を離した瞬間にも、点のようなオレンジは姿を変える。

やがて夕陽は、西の空に沈んでいって、病棟には夜が訪れる。
夕食を終え、歯磨きを終え、「ちっとも面白いテレビがやってない」と呟いたかどうかは知らないが、早めに老人は床に入る。
使い古した手帳なのか日記帳か、あるいはコクヨの小さいメモ帳を取り出し、今日の出来事を書き出してみる。
誰それが見舞いに来たとか、誰も来なかったとか、検査があったとか、点滴を変えたとか、あるいは何もなかったとか。いや、何もなかったはずはない。ならば忘れてしまっただけか? いや、そんなことはない。確かに今日は何もなかったのだ。きっとそうだ。そうに違いない。
そんな時……日の出の時刻と、日の入りの時刻だけが、昨日と今日を区切ってくれることもある。棒線ではなく、×印でもなく、カレンダーに記された小さな点。明日への点。点と点を繋いで、季節はめぐる。
今年ももうあと4ヶ月ではないか……早いなぁ……
呟いたかは知らないが、微笑んだかは知らないが、老人はそっと目を閉じる。。。

もちろんこれは想像のストーリー。意味なんてない。
何よりこれは点のような、いつまで続くか解らない、あてどない話。。。
posted by kouta at 22:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

あどけない話

200609051220000.jpg

青空仰いで雨が降ると
カーテン閉じて雨戸を探す

話しかければ頭を下げて
「お世話になって」と照れ笑う

ピンクのパジャマが似合っている
あどけない恋人の話である。。。
posted by kouta at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

高速に乗って

200609071532000.jpg

高速に乗って あなたに会いに行く
ETCを突破して GTXは風になる
 
高速に乗って あなたに会いに行けば
CRPも下がってるかな? 微かな期待を抱いてみる

高速に乗って あなたに会いに行く
あなたは僕を覚えている 微かに目を開け微笑んでいる

手に触れ 肩に触れ 腰に触れ 微笑みを返す
あなたを今 僕は初めて覚えようとしている



posted by kouta at 22:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

頭に乗って

200609032117001.jpg 200609032117000.jpg

図に乗って、、、頭に乗ってみました、、、 By ぞう?

200609051214000.jpg

皇室のNEWSで持ちきりだった今日。
ご誕生、おめでとうございます。。。   By カロ?
posted by kouta at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。